精神科と心療内科どちらにかかるべきか

精神科と心療内科どちらにかかるべきか

選択肢が増えたことで、どちらの診療科にかかれば良いのかという悩みも出てきました。
もともとの診療科の設立目的から言えば、精神症状が強い人は精神科が勧められます。
これに対して、精神症状もさることながら身体症状が強く出ている人は心療内科が勧められます。
例えば、抑うつ・希死念慮(死にたいと願うこと)・不安・イライラ・焦燥感・躁状態・幻覚妄想などの精神症状が強く出ていれば、精神科で専門的な治療を受けることが必要ですし、時には入院が必要となります。
しかし、例えば仕事のストレスが強く不眠がちになり便秘が強く頭痛がする、とか蕁麻疹が体中に広がってでてきたとかになりますと、心療内科に相談するのが適当です。
ただ、最近ではこれらの明確な垣根は低くなってきていて、どちらも同じような患者を診察しているところもあります。
ですので、迷った時は診察を受けようと思っている病院やクリニックの医師が、どのような分野の経験を積んでいるかあるいは得意としているかを調べると良いです。
身体の症状でも悩んでいるのなら、内科と精神科両方の経験を積んでいる医師がベストと言えるでしょう。
これに対して、幻覚妄想など日常生活に支障をきたすような精神症状が強くあるのなら、精神科を専門的に勉強してきた医師の方がベストと言えるでしょう。

    Copyright(C) 精神科と心療内科の違いと治療法について All Rights Reserved.