精神科と心療内科の違いについて

精神科と心療内科の違いについて

この2つの科はとても近い科として知られており、時には心療内科はプチ精神科のような扱いを受けますが、具体的には別物です。
ストレスが原因なのは変わらない事もありますが、医師としては心療内科の医師は殆どの大きな病院の場合、内科医が担当しており、精神科の場合にのみ精神担当医が担当している事があります。
この場合、精神担当医に頼る時には、話をして薬を処方をしてもらう事の繰り返しが行われ、個人に適した薬が処方され、持続的に通常の状態に戻る事ができるようになったと診断された時点で、医師の判断により診察が終了する流れとなるのが通常です。
また、個人によってはリハビリなどが推薦される事もあるので、それらを在宅か入院で行うパターンもあります。
一方、心療内科では基礎的な事の他、ストレスによる胃潰瘍等の診断、診察や治療等を行っているので、毎朝頭痛が酷くて仕事に行けない等の身体的症状が強い場合には、心療内科が適切です。
いずれにせよ、最終的にはどちらの病院が適切かという事や、病気の内容については医師が判断し、紹介状を書いてもらう事等も少なくはないので、どちらに当てはまるのかどうしても理解ができない場合には、相談できるどちらかの医師を訪ねるのが良い方法です。
こうした病院へ通う時は予約が必要な事もあるので、病院へ電話で確認をしてから出向くのが最良です。

    Copyright(C) 精神科と心療内科の違いと治療法について All Rights Reserved.